街コンは地域復興を兼ねた大規模なイベント

宇都宮城
街コンとは街ぐるみで行われる大規模な合コンイベントのことをいい、街と合コンを組み合わせた言葉です。
2004年に宇都宮市で行われたのが始まりといわれています。
その後2011年くらいから全国各地で色々な街コンが行われるようになり大勢の人が参加しています。
通常は2名以上の同姓で参加しますが、最近の街コンでは1人での参加が可能な場合も多いです。
金額は男性7千円、女性4千円前後でこの料金に全ての飲食代が含まれているのでリーズナブルで参加しやすいイベントとなっています。

参加者はその開催場所の地域や近隣に住む人である場合が多いので、同じ地域に住む人同士の出会いの場となっています。
このように出会いの場を提供するだけでなく地域復興にもなるということが大変話題となっています。

一般的な街コンの場合、開催地区のいくつかの飲食店を移動しそれぞれのお店で食べたり飲んだりしながら出会いを求める形式となっています。
開催時間は大体3時間から4時間程度で、日中の飲食店の客があまり多くない時間帯に行われることが多いです。
そのため飲食店の売り上げを増やすことができその地域の景気回復に役立っています。
また参加者がそのお店を気に入れば新規顧客の獲得につながりますし宣伝効果もあります。
街コンの参加人数は数十人から数百人を超える大規模の場合も多く、その地域に多くの人が集まることにより地域の復興に役立つのです。

中には年齢が60代以降であるシニア向けの街コンもあります。
地方の自治体が主催し、異性との出会いというよりはその地域の人々と交流することによって、高齢者の孤立という問題を解決するために行われます。
このように男女の出会いだけでなく、地域の問題解決の手段としても街コンは行われるようになってきました。

合コンは自分達でセッティングなどをしなくてはいけませんが、街コンなら申し込むだけなので簡単です。
お見合いなどと比べると気軽に参加でき、また友達同士で行けるので女性でも参加しやすくなっています。
異性との出会いだけでなく同姓との出会いもあるので、友達を探したいからという理由で参加する人もいます。
街コンの楽しみは異性との出会いだけではありません。
異性との出会いがなくても友達同士で盛り上がることができるのも魅力の1つです。
街コンは美味しい料理と楽しい出会いだけでなく地域復興も兼ねたオシャレなイベントです。