異性にモテるLINE術?その方法とは

今現在仕事や恋愛で大切なコミュニケーションツールであるLINEですが、このLINEを上手く使うことで女性に好意を抱かせれば簡単に好感度を上げることができます。
女性をメロメロにするためには単に即返信するとか既読スルーをしないなどと言った簡単な方法ではうまくいかないのです。
異性から好かれるためにはそれなりにモテるテクニックが必要です。
しっかりとした体験に沿ってテクニックをご説明していきます。

ずっと同じ調子でLINEするのではなくしっかり相手との関係を考えながら受け答えをしていくようにすることが大切なことです。
それほど親密でない状態では最初にあなたに害はないということを女性にわかってもらうようなセリフを言っておくことが重要になります。
時間帯や、忙しい相手が返信の必要性を感じるようなトークを行いながら要件について連絡していくのが重要です。
下心があって連絡するのではなくて用件があって連絡するということをしっかりと演出することが重要になってきます。

まず最初の点で重要になってくるのはしっかりと理由づけを行うことです。
例えば事務職に勤めている女性に連絡する時に、「事務職は何時ぐらいに帰れる?友達が事務職に転職しようとしてるらしいんだけど」など、質問した理由をセットにするとよいでしょう。
その理由がないとなんだか無理に接触を図ろうとしていると勘違いされてしまうからです。

それから、雑談ぐらいはできるような仲になったら何気ない会話などをできるようになってきているので、できるだけ頻繁に送信をするようにすれば良いです。
興味を相手に持っているということを伝えても変に思われないので単純な質問攻めをしてもこの段階まで進めば問題ありません。
しかしできるだけ返信しやすい連絡をするようにしておきましょう。
正しい時間帯や相手が忙しい場合などは避けるようにすることはとても大切です。

それから異性を意識し始めイチャイチャできるような関係にまでなったならば、あまり時間をかけずに早めに決着をつけた方がいいです。
思い切ったLINEを送っても大丈夫ですが、もしその関係性まで進んでいない状態でそれをすると気持ち悪がられてしまうのでその点をよく注意しなければいけません。
つまりモテるためには今どのくらいの段階に来ているかということをしっかりと理解することが重要になってきます。
それを知るために不安になってしまいますが、女性の方から話題を振ってくるかどうかということを考えてみれば良いでしょう。
話題が振られるようになったらそれは女性がプライベートを知りたいとか意見を知りたいとか会話をもっと続けたいと考えているわけです。
なのでその分量が増えてくるにつれて、行けると考えてLINEの内容などを親しいものにしても問題ないでしょう。