漫画の様な出会いは狙いすぎるときつい?

漫画のような出会いを望んでいるという女性は少なくありません。
「失恋をした時に声をかけてくる優しい幼馴染」とか「ハンカチを落として拾ってくれた人と恋に落ちる」なんてことは望んでいるだけにしておきましょう。
実際には漫画のような出会いは簡単に起こりませんし、むやみに運命の出会いだと結び付けることは盲目になりがちなので注意しましょう。

運命を感じるドラマチックな展開というのは漫画ではよくありがちです。
交差点でぶつかることで恋愛がスタートするなどは漫画だけに限らずドラマや映画などでも描かれるものですが、実際にはそのような状況で恋愛がスタートすることはほとんどないと言えます。
交差点でぶつかることは危険を伴いますし、相手から罵倒されかねません。
狙ってできるものではありませんのでやめましょう。

漫画の世界はフィクションです。
いくらドラマチックな展開に心をときめかせても、爽やかな男性はそんなにいませんし、スタイルも良いイケメンと恋に落ちるなんて展開もなかなかあるものではありません。
漫画のような出会いを狙いすぎると周囲の人に引かれることになりかねません。
自分の心の中で思っている分には問題ありませんが、周囲に話すのはやめておくことをおすすめします。

ドラマチックな偶然というのが現実世界で全くないというわけではありません。
少なからず偶然的な出会いというのは存在しています。
ただそのような偶然が確実に恋愛に発展するかは別物です。
出会いとしては運命を感じるものではありますが、その相手がイケメンとは限らないのです。
そうなれば、漫画のような理想的な恋愛を思い描いている女性にとってはガッカリ感しかないでしょう。

昨今では子供に限らず大人も気軽に漫画を読める時代になりました。
その反面、現実世界の男性に物足りなさを感じている女性が増えたのも事実です。
漫画は女性たちの理想が詰め込まれているものですので、そのような展開を求めてしまいがちですが、あくまでもフィクションだということは頭に入れておかなくてはいけません。
憧れるのは良いですが度を超えてしまうのは考えものです。

ドラマチックな展開が現実的にあったとして、そのチャンスを生かすも殺すも自分次第です。
待っているだけで恋愛が始まるわけではありませんし、相手からアプローチしてくれるわけでもありません。
その相手との関係を深めていくのは自分自身であるということは忘れない様にしてください。